月別アーカイブ: 2020年7月

家庭科での『オリジナルエコバック』製作

2年生の家庭基礎、1学期の授業では『オリジナルエコバッグ』の製作を行いました。7月からの“買い物袋有料化”のスタートに伴い、プラスチックごみなどの環境問題について学習したあと、市販の無地のバッグに生徒それぞれが思い思いのデザインを刺繍しました。
はじめは、久しぶりに触る「針」と「糸」に不安げな表情だった生徒たちも縫い進めていくうちに「楽しくなってきた!!」という生徒も増え、オリジナリティあふれるエコバッグが完成しました。ぜひ、日常生活で活用してほしいと思います。

夏季休業中の過ごし方(お願い)

2020年7月28日

保護者各位

四国学院大学香川西高等学校
校長  草 薙 浩

現在、全国の緊急事態宣言は解除されていますが、再び東京を中心として全国に新型コロナウィルスの感染者数が増加傾向にあります。感染拡大は首都圏から関西圏、そして地方都市へと、全国に広がっています。香川県内にも7月中旬から新規感染者が増加し、とても危惧される状況が続いています。本校では幸いにも今のところ新型コロナウィルス感染者は出ていません。これからも『新しい生活様式』を意識し、感染予防に努めていただきたいと願います。
さて、もうすぐ夏休みがはじまりますが、本校には全国から多くの生徒が入学しており、この夏休みの帰省を楽しみにしていると思われます。7月17日に香川県の浜田知事から「県外への不要不急の移動は慎重に」との県民の皆様へのお願いも出されました。新型コロナウィルス感染が拡大している状況を鑑み、感染のリスクを回避し、生徒の健康を優先するため、この夏季休業中の過ごし方について、本校としては、生徒の皆さんに下記の対応をお願いしたいと思います。

全生徒
① 県外への移動・・県外及び行楽地等への移動は、原則、自粛とする。
②『新しい生活様式』に基づき、「3密」を避けた行動を心掛けること。

寮 生
①帰省について・・ 感染者数増加地域に帰省することによる感染リスク、また帰省した生徒が帰寮後、他の寮生に感染を広める感染リスクなどを回避し、生徒の健康を守るために、原則、自粛とする。
急用のための帰省や保護者からの帰省要望時は、担任・部活動顧問に連絡相談する。

寮生保護者の皆さまにおかれましては、このような状況につきまして何卒、ご理解いただき、ご協力をお願いします。

なお、全員、日々の『体調チェック表』を確実に記入して下さい。
この夏、一人ひとりが「どのように過ごすのか」が、新型コロナウィルス感染拡大を阻止することに繋がると考えます。
生徒の皆さんの賢明な行動を期待しています。

キャリア教育

7月21日(火)、ベネッセコーポレーションの玉橋唱平先生を講師にお迎えし、3年生を対象にキャリア教育が行われました。今回は、新型コロナウイルス感染症対策として、十分な距離をとり、3密を避けて体育館で実施しました。
「書くことは考えること~返却講演~」について講義をしていただき、事前に各自が書いた志望理由書を見ながら、志望理由書・小論文を書く上で大事なことを学びました。
今回学んだことを活かし、自分自身の言葉で相手に伝わるよう、表現していきたいと思います。

スマホ・携帯電話安全教室

7月15日(水)、高松市の e-とぴあかがわ 小西敏子先生を講師にお迎えし、1年生を対象にスマホ・携帯電話安全教室が行われました。
誤情報を判断するヒントや信頼できる情報の例、またウソや根拠のない情報を拡散してしまった場合の怖さについて、動画を見ながら学びました。携帯電話は便利なものですが、一歩間違えれば自分や他人を傷つけるものにもなります。使用方法をよく考え、有効に活用していきたいです。

防火避難訓練

7月14日(火)、防火避難訓練が行われました。
雨天のため、急遽避難場所をグラウンドから体育館へ変更し、また、3密を避けるため1年生のみ体育館へ避難しました。2・3年生は教室で防火避難訓練の大切さについて話がありました。
いざという時に備えておくためには日頃の訓練が大切です。生徒たちは、火災が起こった場合を想定し真剣に取り組んでいました。

企業訪問(レック株式会社)

7月2日(木)、商業科3年生が地元三豊市にあるレック株式会社を訪問しました。
世界中で愛される「お客様のために」をモットーとされている生活用品メーカーの会社です。まずは、スライド、ビデオを使った会社の概要をお聞きし、その後工場見学をさせていただきました。品質管理も徹底しており、工場内もとてもきれいなところでした。ご案内いただいた担当者の方に生徒はそれぞれ質問をしながら理解を深めていました。